岐阜県の世界遺産「白川郷」の合掌造り☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行2日目は岐阜県へ!高速バスが取れなかったので、朝6時過ぎに出発し、富山県まで移動して、そこからローカル線で約2時間半の旅(笑)

バスの番号札「0」から終点の「52(たしか)」まで乗るなんて、初めての体験ですよ。
朝早かったので、車中でも半分くらいは寝てたんですが、目が覚めるたびに周りの景色が変わって行って、ついに銀世界へ♪北に来たんだね~と、この旅で初めて実感(笑)

バスの中にマフラーを忘れるというアクシデントもありつつ、ついたのは世界遺産「白川郷」☆

白川郷

ここ白川郷は1995年に世界文化遺産に登録された名所!この地方独特「合掌造り」家屋の景観と自然環境が美しいということで評価されたとか。

写真を見てわかるように茅葺の急勾配な屋根が印象的です。ここでもやはり雪が例年に比べ少ないそうで、去年はこの時期だと3mくらい積もってたんだって。

白川郷白川郷

そうとう写真撮りまくってしまった(^_^;)この日もびっくりするくらいの晴天で、氷柱からは水玉が…。

白川郷白川郷

白川郷にある合掌造りの中で国指定重要文化財に指定されている「和田家」に入ってみました。入場料が300円必要です。ここはなんと300年の歴史がある建物なんだって!この木とかも300年前のものですよ☆すげ~。

茅葺は40~60年くらい持つそうで、1代で一回くらい変えるらしいですよ。話を聞くと「結」の精神で、近隣の方の手助けをもらって、1日で屋根を取り替えるらしいです。かなりの面積がある屋根なのに、それもすごいよなぁ~。

そうそう、この和田家は観光施設でもあるんだけど、実際に和田さんが現在も住んでいる住居ということ。外観や2階とかの屋根裏はこんな風に昔話みたいな感じですが、普通に畳の部屋もあったりします。

白川郷白川郷

道端には合掌造りの雪像も☆

白川郷

出会い橋のところから、展望所へのシャトルバスもでてるみたいです。全体が一望できるみたいですよん。

白川郷白川郷白川郷

最後はここで食べた、名物フード「飛騨牛串やき」「五平餅」「みたらし団子」
個人的には五平餅が美味しかったです。こっちのみたらしはタレではなくて醤油なのにもびっくり。これも柔くておいしかったですよ~。

1時間半くらい散策したあとは、またバスに揺られて2時間ほどの移動です(^_^;)ハハハ

 ⇒世界遺産「ひだ白川郷」HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. fukuoka 魚ker より:

    こんにちは
    白川郷、一度は行きたかったところ
    冬の白川郷、いいですねー
    写真をみて一段と行きたくなりました。

  2. 管理人 より:

    世界遺産っていうだけあって、景観が美しいだけでなくその歴史も感じることが出来る場所だと思いますよ。もう少し雪が欲しかったのは事実ですが、行ってよかったとおもってますよ~。

コメントは停止中です。