糟屋郡の山の中にある蕎麦屋「蕎麦 文治郎」でランチ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この日のランチは、P氏がザ・メシュランで聞いたという糟屋郡にある蕎麦屋「蕎麦 文治郎(ぶんじろう)」へ行くことに。途中少し迷いつつ、車でぐんぐんと山の方へ!若林キャンプ場に向かう道の途中にあります。山の中に近代的な建物が見えるそこに、蕎麦屋の「文治郎」とカフェの「わらび野」というお店が☆

お店の駐車場につくと、警備員さんが案内するほどの人気ぶりっす!

蕎麦 文治郎蕎麦 文治郎
とりあえず、食事をするために蕎麦屋の方へ♪木々の中に建っていてなんとも情緒がありますね~。店内は大きなテーブル席が5つくらいでかなりゆったりめ☆かなりのんびりしていて心地よいっす!

蕎麦 文治郎

ランチはというと、ざる蕎麦(1000円)、温蕎麦(1000円)、夏野菜と純菜の冷かけ蕎麦(1500円)、季節の天麩羅盛り(1200円)、御膳(2500円)といった感じ。せっかくなので御膳にしてみました♪

蕎麦 文治郎

御膳のセットはこんな感じ♪キレイなお盆に9品ほど彩り鮮やかに盛られてますよ☆

蕎麦 文治郎蕎麦 文治郎

イカとうにの刺身、ししゃもと赤パプリカの南蛮漬け、天麩羅、葉山葵のおひたし、
順菜ともずくのレモン寄せ、つぶ貝の旨煮、チーズと昆布で巻いたマスカルポーネの和え物、つぼ鯛の味噌漬けなどなど♪山の幸から海の幸まで少しずついろいろ食べれるのって楽しいっす(^3^)

蕎麦 文治郎

ひと段落した頃にやってきたざる蕎麦☆1000円のざる蕎麦だとこの内容になるのかな。

お盆が大きいので少なめに見えるけど、それなりの量があるんですよ♪これにこんにゃく寿司が2貫ついてます!このこんにゃく寿司がけっこう旨い!いなり寿司のいなりをこんにゃくにした感じなんだけど、かなり弾力があるこんにゃくです。市販のこんにゃくのような独特の臭みとかもほんとになくていいっすね☆中の大葉がいいアクセントになっていて美味でした。

蕎麦 文治郎

蕎麦はニ八蕎麦で細目の麺でした。窓から見える夏の景色を望みながらの蕎麦はいいっすなぁ~(^3^)なんとも優雅な気分ッス!

腹7部目くらいになったところで、となりのカフェに移動してデザートでもしますかな☆
「茶房わらび野」に続く…。

蕎麦 文治郎
住所:糟屋郡篠栗町若杉20-1
電話番号:092-948-6565
定休日:不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加